0800-800-5131

メールでのお問い合わせ

創業支援コラム

2022.02.17
令和3年分 確定申告について

◎スマホ申告の対象範囲が増えます

 令和3年分確定申告(令和4年1月~)から、・特定口座年間取引報告書(上場株式等の譲渡所得等、配当所得等)・上場株式等の譲渡損失額(前年繰越分)・外国税額控除がスマホの画面の大きさに適したレイアウトで表示され、入力しやすくなりました。

      上記の他、スマホ申告の対象範囲 【対象所得】給与所得、雑所得、一時所得

      【各種控除等】すべての所得控除、政党等寄付金特別控除、災害減免額

            予定納税額、本年分で差し引く繰越損失額

 

 

 

◎給与の源泉徴収票をスマホで撮影・自動入力

 令和3年分確定申告(令和4年1月~)から、スマホのカメラで「給与所得の源泉徴収票」を撮影することで、その記載内容を直接入力しなくても、確定申告書等作成コーナーの該当項目に自動入力することができます。

(詳しい利用方法は国税庁ホームページ 令和3年分確定申告特集をご確認ください)

 

 

◎パソコンとスマホでe-Tax:マイナンバーカードをスマホで読み取り

 令和3年分確定申告(令和4年1月~)から、パソコンで申告書を作成される方も、スマホのアプリ(マイナポータルアプリ)でパソコン上に表示された2次元バーコード(QRコード)読み取れば、ICカードリーダライタを使用せず、マイナンバーカード方式によるe-Tax送信ができるようになります。

(詳しい利用方法は国税庁ホームページ 令和3年分確定申告特集をご確認ください)

 

◎確定申告会場への入場には、「入場整理券」が必要です

 入場整理券は各会場で当日配布しますが、LINEを通じたオンライン事前発行も可能です。

(詳しい利用方法は国税庁ホームページ 令和3年分確定申告特集をご確認ください)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/index.htm

                                         

無料相談受付中!

0800-800-5131

創業サポートメニュー
創業資金調達サポートメニュー
無料相談受付中!

0800-800-5131

お申込みまでの流れ
新着情報
事務所情報
PAGETOP