0800-800-5131

メールでのお問い合わせ

創業支援コラム

2019.12.02
創業融資を申し込む前のセルフチェック!

日本政策金融公庫などの金融機関で融資を受ける際に、必ず審査されるポイントは

「本当に貸しても大丈夫な相手かどうか、きちんと返済してくれる人かどうかということ」で、

お金を貸す側にとって最も重要なことです。

融資を受ける際の面談で指摘されて、あたふたすることのないように事前に自分自身のことをチェックしておきましょう。


税金の滞納はありませんか?

 

現時点で未納がないかだけでなく、過去に滞納がなかったかどうかも見られます。
税金のような公的な支払いを納付期日までにきちんと納税できている人かどうかというのは、借入を期日までに返済できる人かどうかの判断に影響するのです。

クレジットカードの過去の支払状況に問題ないですか?
 

クレジットカードを利用されている方やクレジットカードを複数枚お持ちの方は大勢いらっしゃると思います。うっかり通帳の残高をチェックしていなくて滞納通知が届いたというケースも耳にします。過去にクレジットカードの滞納状況がなかったかどうか、滞納通知が届いた後、しっかり支払ったかどうか思い返してみてください。

公共料金や携帯電話、家賃の支払い状況は?
 
毎月支払いが発生するものについて、遅れずに支払いができていますか。融資を受ける前の少なくとも半年くらいの間の状況を思い返してみて、支払えていないものがあれば融資を受ける前に支払いを済ませてしまいましょう。
また、携帯電話の割賦購入代金の支払い状況については信用情報にも記載されています。携帯の利用料金だけでなく、本体の割賦代金も含めて支払いが滞っていないか、期日通りに支払いができているか事前に確認しておきましょう。

既に借入がある場合は?
 
ローンの存在は、こちらが申告しなくても事前に調べています。ローンの残高や返済状況なども当然チェックされています。期日通りに返済されているかが重視されます。

預金通帳を振り返ってみましょう!
 
融資の審査の際には、給料などの収入の入金がある通帳や、カードの支払いや公共料金生活費関係の支払に利用する通帳を確認されます。その入出金の状況を見て、入出金管理が出来る人かどうか、資金繰りを管理していける人かどうかをチェックします。
融資を受ける際の面談で見せる前に、自分でも通帳の動きを見て、自身のお金の管理状況を自覚しましょう。

融資を審査する際に上記のようなことをチェックしています。
滞納状況などにもよりますが、ひとつでもひっかかったら直ちに融資が受けられなくなるというわけではありませんので、当てはまる項目があれば、それに対する誠実な態度を見せられるように準備しておく必要があります。
当方では、ご融資のご相談時、お客様自身で㈱CICのホームページより信用情報開示報告書を開示請求し、自身の信用情報を確認していただき、不安な点のある方には専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。お気軽にご相談ください。

無料相談受付中!

0800-800-5131

創業サポートメニュー
創業資金調達サポートメニュー
無料相談受付中!

0800-800-5131

お申込みまでの流れ
新着情報
事務所情報
PAGETOP