0800-800-5131

メールでのお問い合わせ

創業支援コラム

2018.10.23
起業してから

会社設立を希望されるお客様への取組みをインターネットで始めて数年が経過しました。

反響の多さにも驚いておりますが、当事務所の一つのビジネスモデルとして定着もしている状況です。

そこから見えてきた「起業」への熱望と、起業した結果も既に形として顕在化していることから、会社の継続、発展へ繋がる要因の幾つかをご紹介したいと思います。

逆に言えば、会社を作れば自然に儲かるものだという妄想からは、早く脱却されることを願っております。

 

1.個人事業の時に、この延長で続けていけば今の取引先の状況から、会社として成り立つとの自信があること。

この自信は小さいものから、かなり大きな自信迄いろいろありますが、不安以上に拠りどころとなる経験からくる自信があれば継続できていく可能性は大です。

 

2.営業に強い社長さんは、説得力もあり、情熱がほとばしっていることが多い。

反面、会社から外に出掛けられることが多く、管理畑の業務が滞りがちになる。

気付いた時には、借金を多額に抱え、加えて税務調査による税金納付、特に消費税の負担に喘ぐことになったりする。管理畑の奥様やコンビを組める相棒を大切にされれば、この課題は解消する。

ただし、そういう助言に耳を傾けられるかどうかは別問題です。できない理由の言い訳ばかりでは、先が案じられます。

 

3.10年、20年と会社が継続できているところでは、時代の流れの中で自社事業に影響を及ぼす情報の先取りをしています。

特に最近のテクノロジーの進歩は想像を超えるものがあり、対応する姿勢を持っていなければ結局は早晩取り残されることになりかねない。

同じ業界の中でも淘汰の波が押し寄せる。その上、人不足と相俟って人材を求めている会社では熾烈な争奪戦が繰りひろげられているのが、この頃の世相です。

 

辛口とはなりましたが、400人近い面談を通じて、心底感じている私のおもいです。

私自身も肝に銘じ経営哲学として大事にしていきたいと念じております。

代表社員 高橋悠海子

 

無料相談受付中!

0800-800-5131

創業サポートメニュー
創業資金調達サポートメニュー
無料相談受付中!

0800-800-5131

お申込みまでの流れ
新着情報
事務所情報
PAGETOP