0800-800-5131

メールでのお問い合わせ

創業支援コラム

2021.02.09
創業融資を受ける際の自己資金の重要性

「事業を始めたい」けれど「資金がない・少ない」から創業融資を受けるという「お金がないから借りたい」という考え方は当然あると思います。しかしながら、「自己資金0」で創業融資が受けられることはまずありません。

 

  • ①創業の計画性がない。
  • ②創業に対しての努力・覚悟が見られない。等、信用度が大変低くなってしまうからです。

また、自己資金は創業後において資金ショートの危険性を回避することのできる事業者・会社の体力を表す、一つの指標とみなされます。

 

成功例から見ても、融資を受けられる金額は自己資金に比例し、自己資金が豊富なほど融資を受ける際の審査に通る可能性が高くなります。

 

自己資金とは、創業者が自力で蓄えた元手資金のことです。一時的に借りた資金はいわゆる「見せ金」として判断され信用問題になります。融資受付時には、最低でも半年から1年間の通帳の動きを確認します。画を立て、時間をかけてコツコツと貯金することが一番重要です。

 具体的なご相談は専門家のいる当事務所までご連絡ください。

無料相談受付中!

0800-800-5131

創業サポートメニュー
創業資金調達サポートメニュー
無料相談受付中!

0800-800-5131

お申込みまでの流れ
新着情報
事務所情報
PAGETOP